NEW熊本地震義援金のお礼とご報告

428日から開始しました「熊本地震被災者への義援金」募金活動につきましては、国内外から多くの方々のご支援を頂戴いたしておりますが、630日をもちまして終了させていただきます。

また皆様からお預かりした義援金は、熊本の信者グループ「まざーの会」を通じて活用させていただきます。

被災地の一日も早い復旧復興をお祈り申し上げますとともに、ご協力いただきました皆様に心よりお礼申し上げます。

また、「ネパール地震」と「東日本大震災」への募金活動も合わせて終了させていただきます。

日本ヴェーダーンタ協会会長 スワーミー・メーダサーナンダ

12/23(金)大津町室仮設団地での支援活動の報告

今回ボランティアに行かせていただいた場所は100世帯ほどの仮設団地で、150名ほどの方々が多くは立野地区、その周辺の地区から避難生活をされています。

23日は、現地のボランティア団体“南阿蘇よみがえり”や個人のボランティアの方々、まざーの会のメンバーも交えてスタッフ約20名、仮設住民の方達は初めは少なかったのですが、段々と増えてきて50名ほどまで来られたと思います。

午前中はお昼ご飯に頂くための「だご汁」作りを行い、おむすびを握りました。

仮設団地の住民の方達も、率先して材料を切ったり積極的に料理に参加されていました。

また、長年の知恵を若者に教えながら楽しんでおられました。

親子バンドのライブの後に、皆んなでだご汁とおむすびを頂きましたが、お昼ご飯の時間になると人が集まってきて“暖まる~”“美味しい~”と言って喜んで頂けました。

お昼ご飯の後は、今回のメインイベント“味噌作り”を行いました。

午前中から煮込んでいた大豆を皆んなで潰し、12/18に仕込んだ麹と混ぜていきます。

味噌団子にして、瓶に詰めて約80kgものお味噌を仕込めました。

皆んなの愛情と、未来への希望の詰まったお味噌、一年後に味噌開きをするのが楽しみと言われていました。

味噌作りの材料費、お昼ご飯の材料費、また12/18(日)の餅つきの際の材料費などに、ヴェーダーンタ協会からの支援金を使わせていただきました。

今回、世界中から寄せていただいた善意のお金を使わせていただき、この様なイベントを行えたことに感謝致します。

また、こうやってボランティアスタッフとして参加させて頂けたことに感謝致します。

熊本地震からの復興へはまだまだ時間も労力もかかるものと思われます。

私たちも微力ではありますが、引き続き支援活動に関わっていきたいと思います。

幸信彦さん寄稿 一部編集

515 熊本地震支援活動の報告

515日、ヴェーダーンタ読書会「まざーの会」のメンバー7人は、大津市にある本田技研体育館の避難所へ伺いました。

そこには、被害の大きかった立野地区から避難されている方が多くいらっしゃいました。

私たちは支援物資として、紙コップ、紙皿2種類、子供たちのためにアクリル絵の具、筆、パレット、すのこをお持ちしました。

またメンバー各自で心ばかりの支援物資も提供させて頂きました。

14時に集合し、ヴェーダのマントラを全員で唱えてから始めました。

私たちが伺った時には、避難所の方には責任者の方が不在だったため、ボランティアスタッフ(料理長)のなるさんに支援物資をお渡ししました。

丸織りや糸紡ぎ体験を、同じく大津市にあるカフェ「ウントネ」さんが提供されていたので、夕飯の炊き出しの準備が始まるまで、まざーの会メンバーも避難所の皆さんと一緒に楽しませて頂きました。

16時から夕飯の炊き出しの準備が始まり、メンバーはそれぞれに料理と洗い物のお手伝いをさせて頂きました。

夕飯は150人分を準備されるそうで、使われる食材の量も普段私たちが使う量とは比べ物にならないほど沢山使われていました。

18時から配膳が始まりましたが、全て配膳し終わったのは19時過ぎでした。

夕飯の配膳が終わったところで、まざーの会のメンバーは解散させて頂きました。

現在、各避難所は物資も足りており、今後は必要な所に必要な支援、特に被災された方々の心のケアと生活のサポートが必要だと感じました。

                                        幸信彦さん寄稿一部編集